Tecan
Tecan.com
Loading

GenePaint™

in situハイブリダイゼーション(ISH)、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)、免疫組織化学(IHC)自動化の革新的ソリューション

新しいフロースルー技術に基づいたTecanのGenePaintシステムは、マイクロスライド形式で細胞のin situハイブリダイゼーションの全工程を自動化します。遺伝子発現解析における重要なステップは、マイクロアレイやRT-PCR等のin vitroで得られた遺伝子発現結果のバリデーションです。バリデーション方法としては、一般的に細胞または組織サンプルを使ったin situハイブリダイゼーションが用いられます。in situハイブリダイゼーションの利点として、細胞や組織において発現の局在が確認でき、より詳細な情報が得られます。しかし、この手法で多数の細胞または組織を処理した場合、膨大な時間と労力を要します。GenePaintを使うことにより、スループットが飛躍的に向上します。

機能的ゲノム研究に有効な特徴

  • 従来のISH、FISH、IHC分析のマニュアル作業の80%を自動化
  • ハイブリダイゼーションプロトコルにおいて完全無人化の時間を拡大
  • 各メーカーのハイブリダイゼーション試験用試薬セットに対応
  • 安全性、再現性のある高品質な結果
  • 試薬量の節約

これらのアプリケーションはアメリカでは、リサーチマーケット以外では使えません。

概要
詳細
Related Products

Contact Us

© 2015, Tecan Trading AG, Switzerland, all rights reserved. ご利用規約 | Trademarks